そんな暇はない

気が向いた時に書きます。

ちょっと懐かしい話

高校生の頃のお話

 

昨日は高校時代の同級生の誕生日だった。

私は人より誕生日をおぼえるのが少しだけ得意な自負がある。

そのため嫌いになった人の誕生日すら何年も何年も覚えている。

昨日がそうだった。

 

例えこのブログがその人に見つかっても多分私が嫌いだった事も悟られてると思うし、

その人も少なくとも私のことは好きじゃなかったと思うから仕方ない。

 

誕生日だった人(以下A)は多分小学校2年生とかそんな頃からの付き合いだったと思う。

もう明確には思い出せない。

私は絵を教わった人が数人いるのだが、その人も私と全く同じ先生に教わっていた。

最初は隣町にあった子供向けのお絵描き教室(今もあるのかな)この先生とはとっても折り合いが悪かったが、5歳〜小学4年生の秋頃まで習っていたと思う。Aは4歳〜6年生くらいだったと思う。覚えていないけれど。

次は中学の教師。とっても好きな先生だった。中学生の頃の私の作品を褒めてくれた。

最後に同じ先生だったのは高校の美術の先生。

とてもいい先生だった。非常勤の優しいおじいちゃん先生だった(おじいちゃんとか言ったら怒られそう…)

当時の藝大油にたしか現役で合格した方だった。

顧問ではなかったのだが、3年間絵を見ていただいていた。

 

こんなふうにずっとほぼほぼ同じ環境で絵を描いていたのだが、作品の方向性は全く違った。

その人の作品には今回触れないが、私の描いた漫画とは真逆の作品を作っている人だったとだけ。

 

高校生の私は油絵で風景を描いていた。

住んでいる町内の公園に流れている人工河川を描いたことは覚えている。

硫黄の臭いがする綺麗な川。

それで賞をもらった事はきっと一生忘れられない。

小さかったけど、あの頃の私は今よりきっと真剣に絵を描いていたからすごく嬉しかった。

所属していた美術部がとても酷い扱いを受けていたので「これで冷遇されなくなる」とも思っていたかも。

これが1年生の秋の話。

 

2年生になって理系を選んだため美術の授業は無くなってしまったが、この年は春から秋にかけてずっと同じ油絵を描いていた。

バスの中を描いた。

専門1年生の夏課題で描いたものとほぼ同じ絵をF30号で描いた。

通学に使っていたバスが古くて、暗い時間に乗るとどこか目的地ではない所に着きそうで怖かった。

その絵は賞も何もなかったが割と気に入っている。

明確にグラフィックデザイン系に進みたいと思ったのもたしか高校2年生だったと思う。

というか、それまでの安定志向が嫌になってしまったのだと思う。

同時に学歴コンプレックスを抱えることになるのだが。

 

ここまでAの話が出てこないが、わりと穏やかな関係だった。

高校3年生の春までは、ちょっとした衝突とかはあったけど毎日遅くまで部活に残って一緒に絵を描いていた。

 

高校3年生の夏頃に関係にヒビがはいってしまった。

受験生になって私はずっと行きたかった大学のAOを受けたのだが、一次試験で落ちた。

今思えばそりゃそうだという気持ちなのだが、当時はそこそこ悲しかった。

AOの一次試験がなかなか厳しくて、A4サイズ3枚ほど文章で志望動機を書かなければならなく、

無い頭を必死に動かして、無い将来の夢を考えて、合わなすぎて泣きながら行っていた予備校と並行しがんばった。

予備校の先生は優しかったのだが、予備校というものが合わなかったのだと思う。

ご飯は食べられないし、夜どころか明るい時間ですら眠れなかった。

毎日はやく死にたくて泣いていたし、部活でその人に毎日の様に「死にたい」と嘆いていた。

それまでの道のりを知っている上に一次の発表を見た日の部活で、落ちた事を知っているAは私に

「ねえ、私の面接の相談乗ってくれない?」

 

そのあとのことはあんまり覚えていない。

なんか悲しかったのは覚えている。

 

そのあとはしばらく距離を取りつつ付き合いがあったが、天気が良かった日の帰り路に「一年中こんな感じの気候がいいな」みたいな事を呟いたら「ぜっっっっっって〜〜〜〜嫌!!!!!!!!!!!」と返ってきて完全に見切ったのだ。

 

お察しの方は居ると思うが、付き合いのあった10年の間できっと私は少しずつ、少しずつあの人への不満を募らせていたのだと思う。

決定的なことはこの2つ(というか、悲しすぎてあんまり覚えていない。記憶から消されている)だった。

 

さらに受験もあったため、精神が非常に不安定だった。

一次の時の飯が食えない、眠れないは序章にすぎなかったのだ…って口上が入るくらい受験がやばかった。

というか、AOのストレスで胃が死んだ上に18歳にしておたふく風邪になったので食うに食えない時期が続いただけだったけど。

私は18歳でおたふく、当時の担任は三十路にして溶連菌という幼稚園みたいなクラスだった。

自律神経は一回やるとしばらく本当に苦しいので生活リズムには気をつけた方がいいというのが受験で得た教訓です。

その話はまたいつかもうちょっと元気になったら

 

話は戻るが、側からみたら仲良かった2人が大喧嘩をした様子もなく急に話さなくなったから違和感があっただろう。

同級生にも「Aちゃんと何かあったの?」と聞かれた事があった。

ものすごく説明が難しいので受験のエピソードを話していた。

 

Aのことはもうきっと好きになれないのだが、楽しかった思い出にはだいたいAが居るのも事実だ。

悔しいがそれはもう動かしようの無い事実なので仕方ない。楽しかったと受け止めるしか無い。

 

もう最後にまともに会話してから1年以上経ってもまだ許せていない私の心の狭さの吐露をしただけだったな。

この前、たまたまAのバイト先で会って会話したがしばらく落ち込んでいた。

友人として会話することはもう無いと思う。あと何年経ったらあの人を許せるのかわからない。

もう怒ってはいないが、興味を持つことはきっと難しい。どうでもいい

万が一Aがこのブログを見つけたら思うことは沢山あると思うが、連絡する手段はお互いに持ち合わせていないから意思疎通を図ることも難しい。

Twitterは高校以前からお互いにブロックしていた。

一時共同でアカウントを作ったこともあったが、現在は私の裏垢となっている。

もし見ていたらログアウトしてくれ。たのむ。

 

 

高校時代の主な思い出はA、で終わりよければ全てよしと真逆をいく終わり方をしたためあまり明るく無いのだが、楽しいこともあるにはあった。

部活はとっても楽しかった。

とっても好きだった後輩がいたし、そもそも大部分の後輩とは仲良くさせてもらっていた。

一番可愛がっていた後輩は中退してしまって連絡は取れないのだが。

楽しかった思い出…??????

 

とっても長くなったが人生でいちばん印象的な人物との高校時代のお話でした。

きっといま私がやってる事は私にぜんっぜん向いてない

 

絵を描くことも、デザインも

 

デザインは特に向いてないなあって感じてるけど、それでも好きで未練たらたらで

 

こんなデザインが好きっていうのはあるけど「新たなものを作りたい」って気概はあんまりなくて

 

きっと、私の数年間の努力はすごい人の3ヶ月

 

別にそれを悲しく思ったりはしないけど、ああ向いてないなあと思う

 

今日改めて色々調べたけどやっぱりデザイン勉強するの諦められないなあ

 

だらだら書いてたけど別に主題もなければ結論もないけど

 

ついったーに書くのはめんどくて

 

そもそも病んでないのに色々考え込むと病んでるって言われるのがめんどくて

 

最近あんまリア垢で呟けない

 

私の書き方がよろしくないけど

 

おわり

肋間神経痛

悩みの8割肋間神経痛

うそです


なんとなくもやっとする

モヤモヤした気持ちしか最近ブログに書いてない

わたしじゃどうしても敵わない事が多い

仕方ないけど、悔しいより寂しくなる


舐められてるなって思うことも多い

バイト運の無さは多分相手に舐められてんだろうなあという感じ。

泣き寝入りしそうな女に見える

それはとってもわかってる

だからと言って適当にされたらもうその相手とは縁を切るけど

人は見た目で判断できない


いつでも死ねるという肯定感によって生かされている


家族だからという免罪符が嫌いだ

家族に責任がない、または謝られても仕方ない事でなにか言われるととてもイライラする

何か言っても仕方のない時に、口だけしか動かさないのは嫌いだ

謝ったら許されるわけではないのに。

謝って楽になるのは謝る方だけで、謝罪を受けた方は別に楽になんかなれない


自由に生きてる人が羨ましい

何を基盤にそんなに自由に生きてるんだろう

今の自分は不安定すぎて、自由に出来ない

羨ましい

でももしかしたら今の私も自由に見えてるのかも

それならそれで良い


胃が悪い。

胃か腸で出血してんのかなって感じの貧血と気持ち悪さ

父親が十二指腸ポリープやばかったときに、貧血とは程遠い父親が貧血気味だったらしいから、寝てても気持ち悪い今の私はどうなっとんだ

嘔吐恐怖症だから吐けない

どう足掻いても地獄だった


夢の軟ピ

ヘリックス開けてもらった

とっっっっっても痛かった

びびるくらい痛かった

耳が悪い。軟骨が硬いのがわるい

ロブと同じくらいとか言ってる人どんな耳してんの?

開けて数時間経ったけどじわじわ痛い

でも嬉しい

ピアス開けた時のアドレナリン

増やしたい



上手くいかない事も多いけど概ね楽しいです。
自分の性質と折り合いをつけられずにもう何年も悩んでるけど、最近はそんな部分もちょっと好きになってきた気がする。
それは成長に伴う行動範囲の拡大とかが要因で、中高生の頃の行動範囲のまま歳をとっても、自分の性質を好きにはなれなかったと思う。

では

書いては下書きにためを繰り返している。

なかなか筆が乗らない(というのもおかしな話だけど)


季節の中で一番冬が好き。

容赦なく寒くて今年も終わるんだなあって時が特に好き。

新年明けてしまうとあんまり楽しくなくなっちゃうんだけど。

ただ、寒いとメンタルがすごくしんどくなってくる

すでにダメ。10月頭にして何かに追い詰められてる。

何かがわかれば苦労しないけど、何かがわからないから私にもなにも対策できない。


睡眠が本当にゴミ。

寝付きも最悪、中途覚醒増加

すごく寝たいし眠いのに寝られない

入眠してから2時間くらいで1回目が醒めるの嫌だ


毎日なんか疲れてる。

朝からだるい、散歩好きなのにそれすらめんどくさい、人と会話するのがしんどい。


別に今すぐ死にたくはないけど毎日死ぬことについて考えてる

この場からも人の記憶からも消え去りたいとか思うし、長生きもしたくないけど私の家系は両家共に割と長生きだからよっぽどのことがない限りそこそこ長生きなんだろうなあとか

人が死にたい気持ちを否定する資格なんかないのに、好きな人達に死なないでほしいと願って自分は希死念慮に見舞われる


二次元の推しも三次元の推しも私の関与しないところで幸せになってほしい。

人の幸せは勝手に願ってるのにそれは私の関与しない所という身勝手な考え

私は人の幸せに責任なんか負えないからとかなんとか。


なぜ軽い自傷をやめられずにいるのか

やめてえよ

ここ最近はしてないです、って思ったけど1カ月半くらいの話だった。

親友の腕をああしてしまったのは私のせいではないけど、なぜかずっと負い目に感じてる。

責任の所在を確認する力はあるのに


肋間神経痛と胃痛と動悸が本当にひどい。

あと謎の右下腹部の痛み。

肋間神経痛と胃痛に関してはもうずっとだから慣れてるけど

動悸はマジで何?不整脈持ちとか笑えん

脈拍常に90あるからもうこの際ハムスターとかとして生きていきたい。

めちゃくちゃ脈が飛びます。

そして右下腹部の痛み。
多分病院に行かないとやばい。

1年経った。流石に盲腸ではないだろうって感じなんだけど、じゃあなんやねんって言われると困るな

医者も困ってたわ

触診で押されると確実に痛いし、自分で触ってもちょっと張ってる感じなんだけど我慢できない痛みではないし、日常の生活に支障も来さないから病院行くのにためらう

満☆身☆創☆痍


とにかく何かが嫌で何もしたくない

何が嫌なんだろうとひたすら考えてみたけど別に何も嫌ではない。

学校もまあ楽しいし、バイトは決まらんけど

じゃあ家と課題なんだけど、課題は非常に苦しい。
もうやめたいけど楽しい。

家は考えたくないから考えない

あぁ嫌だなあ

逃げたい

逃げたいけどこうなりたいという明確な何かもないから逃げた所で私の中で嫌な思い出になるだけ。



私は自分の状況をそこそこ分析できるのに全くそれを生かせない

上に書いたこともだから?って感じで終わる

弱音を吐く自分は解釈違い。

精神的にも肉体的にも病んでる自分が解釈違い。

いつからこんな拗らせた人間になったのか。

絵を描くのが苦しくて仕方ないのに、絵を描くのをやめられないとわかった頃からもう何もかもを間違えてる気がする。

はやく絵を好きになるか、心底嫌いになって描くのも諦めるかしてしまいたい。

でもそんな日は一生来ないから私はきっと絵を描き続けて苦しんで生きるんだろうなあ

お絵描きが好きだった頃に戻りたい。

脱水症状とここ最近

水分摂るの忘れがちです。

なかなかに忙しい日々を送っています。


学校の課題に追われ、バイトを始め、家に帰るってそれだけなんですけど忙しい。

趣味に割ける時間が数ヶ月前の1/10位になりました。

たった10分程度の動画を通しで観る時間もなかなか確保出来ずにいます。

学校も勉強もバイトも趣味も全部自分で決めた事なので毎日は非常に楽しいです。


実況観たり、音ゲーを始めてみたり、数年ぶりに短歌を詠むのを再開したり、広告見たり…

読書や映画鑑賞をする時間がないのが少し悲しいですが…


学校楽しいです。

気持ちは小学生の女達がついに交換ノートを始めました。

実は企画提案は私ではなくて友人なんですよね。

成人近くなってこんな青春みたいなこと出来ると思わなかった


みんながみんな、なにかしらモノを作る人間だからなのか、楽しむ力がすごい。

あたしのいるグループとその周辺だけかもしれないけど、それでもなんとか「楽しもう」としてるから毎日なにかしら楽しい。

なんか無意識のうちに「楽しさ」って提供されるものなんだと思い込んでたんだけど、自分たちでこんなに毎日色々な事出来て楽しめるんだなって。

私も誰かを楽しいって思わせることができれば良いなって思います。


楽しい事に協力してくれる友達に足向けて寝らんない


ネイルもね、最近少しずつ復活させてて何人か練習台になってもらってるんですよ。

実は大昔にネイリストになりたかったの。

上手くはないんだけど、それでも可愛くできたりその人に似合ってたりすると嬉しいし、喜んでもらえて幸せ

まだまだ練習台は募集してるのでよろしくお願いします。


あと復活させたというと短歌を地味に再開しました。

そもそも短歌詠んでることを知ってる人のが少ないと思う…

3年くらい前にある短歌を読んで、その人のファンになってなんとなく詠み始めました。

上手くはないし普通に恥ずかしいからあまり公にするつもりもないんだけど、あたしの短歌を好きって言ってくれて交換ノートとは別に短歌交換ノートしよ!って声かけてもらったり

なんだかものすごく幸せ者でびっくりしてしまう。



毎度毎度あなちゃんのブログに共感してる。

私は最近やっと自分の作品を公表する事に抵抗がなくなってきたんだけど、コンセプトとかテーマとか説明するのはまだちょっと恥ずかしい

たしかに美術系の人間は対応力がすごいなって思う。

先生や事務の人って「教師」や「事務員」ではないのに学校で先生してたりするのが私の中では一番尊敬してる部分かも

将来の事なんか考えたくないんだけど、それでもいつか将来は来てしまうから考えたけどね

ずっと楽しく生きてられればそれで良いかも

何度も言ってるんだけど、私はきっとそんなに長生きしないし長生きしてもいつか死ぬから

生きてる間、専門来るまでに嫌だったり拗らせたぶん楽しく生きていこうと思った。

どうせいつか死ぬなら楽しまないと損じゃないですか。

私はね、小学生〜高校まで色々楽しかったけど今みたいに青春みたいな事をやらないで来てしまったので、今の1日1日がすごい楽しいし愛おしいです。

さっき書いた通り楽しませてくれる友達がすごく好き。


そんでこういう事考えるきっかけをいつもくれるあなちゃんありがとう

はぴば!



あとそのうち地下足袋名乗るのやめます。
べつに思い入れのある名前ではないから
何か案がある人ください。

タイトル浮かばない

どうも地下足袋です。

タイトル浮かばなすぎて購読してるブロマガのすごさを実感しています。


今日の授業で思ったけど、自分の考えを言語化できる人はすごく好きだなって思いました。
それが拙くても、箇条書きでも、沢山書かれていればその人を少しわかる気がして好き。
言語化できる人の作品は本当に素敵だったけど、何が言いたいのか分からず絵を見てくれって感じの態度だった人の作品はあまり見る気になれなかった。
そういう人に限って説明が長かったのもうん…ってなりました。
性格悪いですねー。

今度の作品はきっと絵で表現するのが正解だったんだと思うけど、それでも言語化する事で新たに発見があって、言葉って大切なんだなって改めて実感しました。



わたしは「広告が好き、広告の中でもスーパーのチラシが好き」って話をしたと思います。
多分変わった好みだし、実際に「こう表現した人は初めて」って言われて発想力が乏しい事がコンプレックスだったから嬉しかった。


先生が「予備校とかで平面構成やらせると受験で点数を取るためにやってるからみんな同じ感じになる」って言ってたのが心に残ってる。

デッサンとかでわたしの構図や表現は、下手だけど受験デッサンで、良くも悪くも無難って感じがするなって思ってて(まあ大学落ちましたが)
ものすごく上手なデッサンはもちろん、描写や構図が上手いとは言えないようなデッサンにも劣るものだなと思ってるから、あの言葉が引っかかる。

受験期はデッサンもクロッキーも平面構成も好きだったのに、最近好きじゃなくてしんどいです。

良いデッサンとは何か、って意味がわからなくなるくらい考えてるし作品を見てるけどやっぱりわからない、もうデッサンしばらくしたくないなあ

閑話休題


ツイートでも言ったけど、その人を好きでも作品は嫌いだったり、その逆で人を嫌いでも作品は好きって事が多々あるなって思いました。

まあクソチョロ八方美人なんで解説があれば好きじゃないってことは少ないんですけど、どうにも好きじゃないことはある。

人が嫌いでそれに付随して作品が嫌いってことは普通にあるけどね。


眠くて何書いてるかわからなくなってきました。
毎度毎度小難しい事を文章にしてて自分でウケてます。

それでは

のど

こんばんは

昼寝したら喉がまた痛くなった地下足袋です

いい加減に窓全開で寝るのはやめたほうがいいとは思います。

学校の授業で文京区にある印刷博物館行きました。
巨大なポスターや明治〜昭和の頃の雑誌、煙草etc…楽しかったです
どれも色が綺麗
近年の技術は進歩しているけれど、それは大昔からの積み重ねで出来ているんだなと実感しました。
昔の人の技術はすごい

活版印刷の体験もさせていただきました。

選んだ言葉は「歴史は繰り返す」でした
1人6回刷ったのですが、何回やっても仕上がりが綺麗で感動しました。
体験中「すごい」しか言えなかったです

活字がたくさん並んでいて、好きな小説を思い出せて個人的に大変満足していました。


解散後、友人と東京都戦没者霊園を訪れてみました。
戦没者の遺品などが展示されていました。
個人的に戦争の歴史を最近よく調べているのですが、数字でしか見れなかった部分をリアルに感じることができ大変勉強になりました。
戦地から書いた息子に向けた手紙が遺品として展示されていたのが印象に残っています。
全てカタカナで書かれている優しい手紙でした。

なかなか遊びに行く場所ではないかもしれませんが、もし気が向いたら行ってみてください。

それでは