そんな暇はない

気が向いた時に書きます。

タイトル浮かばない

どうも地下足袋です。

タイトル浮かばなすぎて購読してるブロマガのすごさを実感しています。


今日の授業で思ったけど、自分の考えを言語化できる人はすごく好きだなって思いました。
それが拙くても、箇条書きでも、沢山書かれていればその人を少しわかる気がして好き。
言語化できる人の作品は本当に素敵だったけど、何が言いたいのか分からず絵を見てくれって感じの態度だった人の作品はあまり見る気になれなかった。
そういう人に限って説明が長かったのもうん…ってなりました。
性格悪いですねー。

今度の作品はきっと絵で表現するのが正解だったんだと思うけど、それでも言語化する事で新たに発見があって、言葉って大切なんだなって改めて実感しました。



わたしは「広告が好き、広告の中でもスーパーのチラシが好き」って話をしたと思います。
多分変わった好みだし、実際に「こう表現した人は初めて」って言われて発想力が乏しい事がコンプレックスだったから嬉しかった。


先生が「予備校とかで平面構成やらせると受験で点数を取るためにやってるからみんな同じ感じになる」って言ってたのが心に残ってる。

デッサンとかでわたしの構図や表現は、下手だけど受験デッサンで、良くも悪くも無難って感じがするなって思ってて(まあ大学落ちましたが)
ものすごく上手なデッサンはもちろん、描写や構図が上手いとは言えないようなデッサンにも劣るものだなと思ってるから、あの言葉が引っかかる。

受験期はデッサンもクロッキーも平面構成も好きだったのに、最近好きじゃなくてしんどいです。

良いデッサンとは何か、って意味がわからなくなるくらい考えてるし作品を見てるけどやっぱりわからない、もうデッサンしばらくしたくないなあ

閑話休題


ツイートでも言ったけど、その人を好きでも作品は嫌いだったり、その逆で人を嫌いでも作品は好きって事が多々あるなって思いました。

まあクソチョロ八方美人なんで解説があれば好きじゃないってことは少ないんですけど、どうにも好きじゃないことはある。

人が嫌いでそれに付随して作品が嫌いってことは普通にあるけどね。


眠くて何書いてるかわからなくなってきました。
毎度毎度小難しい事を文章にしてて自分でウケてます。

それでは